[DCGPサーバー]のダウンロード

     
【DCGPサーバー】V5.1-2-06 リリース版 (標準版・プロ版共通)
ファイルサイズ: 51.7 MB
アップロード時間: 2018-02-07
ダウンロード#1: [クリック]
【DCGPサーバー】V5.1-2-06 リリース版 (標準版・プロ版共通)

必要な動作環境
OS:Windows Vista/ 7 / 8 / 10
メモリ:512MB以上
ディスプレイ:ウィンドウズ対応のカラーディスプレイ(800×600以上 推奨)
インターフェース:LANインターフェース1個以上、USBインターフェース1個以上
ハードディスク:空き容量50MB以上
ネットワーク環境
マウス:Windows対応マウス
日本語FEP:Windows対応の日本語変換システム



※注意事項 1

・ダウンロードファイルはzip形式に圧縮されています。解凍後、任意の場所へSetup_DCGPServer5.1-2_06WIN10.EXEを保存して実行してください。

リリース版では、プリンタと通信時にIDキーが必要になります。(GMJA/GMJPで始まる10桁)。IDキーがなければ10日後にデータ通信、ファイル変換ができなくなるのでご注意ください。

※Ver5.1からID番号が変わります。GDJA/GDJPで始まる10桁のIDキーはVer4.1までの対応となります。
バージョンアップ申請を販売代理店へお問い合わせください。

※64bitOS環境では、青いUSBIDキーは使用できません。64bit対応の緑色のIDキーが必要です。
旧バージョンからバージョンアップされる場合、OS環境が64bitになる場合は、青いUSBIDキーから緑色のIDキーへの交換(有償)が必要です。交換申請を販売代理店へお問い合わせください。


修正点:

●V5.1-2-06_WIN10(2018/02/06)

・新V3.00系のスキャン設定CSVの処理が影響し、Ver1系のGP2000、GP6000のスキャン設定が崩れる問題を修正。

●V5.1-2-05_WIN10(2017/08/01)

・新V3.00~のファイルで、スケジュール、プリセット(短縮コード)をPC側アプリで作成しようとすると、フォーマットの設定で「選択されたフォーマットファイルのバージョンが旧いので、開けません!」の エラーが表示されて、新規作成できない不具合を修正。
・Ver1~2系のプリセット(短縮コード)ファイルをプリンタ側ダウンロードすると、「設定を変えたのでファイルを直しますか?」となる不具合を修正。
・V5.1-2-02~04にてVer1~2系の履歴ファイルをGPからアップロードしてもPC側にファイルが出来ない不具合を修正。

●V5.1-2-04_WIN10(2017/07/20)

・GP2000(新V3.00~)、GP6000(新V3.00~)の外部フォントをGPサーバー側へ変換する際、フォント順序が正しくないのを修正。
・GPファイルの漢字文字列内に半角スペースが含まれている場合、GPサーバー側フォーマット作成で開けないのを開けるようにした。
・ファイルコンバータの「変換開始」、「自動変換開始」、「終了」、「ヘルプ」のボタンを上部に移動して画面サイズ高さを小さくした。


●DCGPServer5.1-2-02.EXE(2017/05/10)

・ライセンスID番号がGMJA(標準版)とGMJP(プロ版)に変更。

・下記プリンタアプリバージョンに対応
GP-2000α/αR(300DPI)Ver3.00以降
GP-6000α(300DPI)Ver3.00以降
GP-2000LL(300DPI)Ver3.00以降
GP-6000LL(300DPI)Ver3.00以降