[Dr.Server Neo]のダウンロード

     
【Dr.Server Neo】1.0-3リリース版 (Windows8 32/64bit対応)
ファイルサイズ: 51.4 MB
アップロード時間: 2020-01-27
ダウンロード#1: [クリック]    

【Dr.Server Neo】V1.0-3 リリース版 (Windows8 32/64bit対応)AP-800版

必要な動作環境
OS: Windows XP/Vista/7/8、8.1
メモリ: 512MB以上
ディスプレイ: カラーディスプレイ(800×600以上 推奨)
ハードディスク: 空き容量100MB以上


※注意事項 1
・ダウンロードファイルはzip形式に圧縮されています。解凍後、任意の場所へSetup-DS1.03AP80-NEO.EXEを保存して実行してください。
管理者権限のアカウントでインストールを行ってください。
・リリース版では、サーバー起動時、ファイル変換時にIDキーが必要になります(DNJA/DNJPで始まる10桁)。
*DrServer NeoからID番号が変わります。DSJA/DSJPで始まる10桁のIDキーはDrServerまでの対応となります。
IDキーがなければ10日後に通信、ファイル変換ができなくなるのでご注意ください。


機能追加・修正点:
●1.03(2020/01/27)
・DrServer>AP送信、AP>ファイルダウンロード においてDBSの最大送信可能列数を100列→250列までを送信可能にした (APのDBS最大列数が250列までのため)。
・DrServerからファイル送信時、ファイル容量が大きいとエラーが発生し、「送信失敗しました。続けて送信しますか?」が表示され、一括で送信できない場合がある。 →特定のエラーコード(ソケット通信等)が1回発生しても、メッセージを表示せず、3回のリトライ後、エラーが再び出た場合はエラーメッセージを表示するように修正。
●1.0-2(2019/12/12) ・フォーマット作成ツール 100%以上のズームの時に、印字枠の表示がおかしくなる問題を修正